看護師が病院を辞める理由で多いものは

 看護師の退職理由は様々です。単純に仕事が辛いので辞めるという人もいます。医療の最前線で働くことになる看護師は、精神的なプレッシャーも大きく、業界全体でケアをしていかなければ退職を止めることも難しくなるわけです。夜勤や残業を多くこなすと年収はアップするのですが、精神的なバランスを崩してしまって退職ということにもなりかねません。一人一人の看護師に負担がかからないようなシステム作りが求められているわけですね。
 最近は夜勤についてもガイドラインが設定されていて、あまりにも長時間働かせるのは控えるように各病院が努力をしています。そのせいもあってか、近年看護師の離職率は低くなってきています。男性看護師の数が増えたことが、離職率の低下に一役買っていると分析する専門家も少なくはありませんが、環境が改善されてきていると見るのが妥当でしょう。
 看護師が病院を辞める理由は、他にもいくつか考えられます。人間関係が悪化して働きにくくなったために、病院を変わろうという人も多いです。気軽に病院や診療科目を変更できる点が看護師のいいところでもありますから、そうした看護師の特徴が反映されて離職率が高く出ているだけのことなのかもしれません。毎年およそ10%前後の人が離職をしていきますが、完全に医療業界から離れて行ってしまう人の数はそれほど多くないので心配はいりませんね。むしろ逆に恵まれているからこそ、気軽に離職ができるわけです。